由緒.沿革

今宮神社は、人皇第七十代後冷泉天皇の康平三年(1060)に、素戔嗚尊を祭神として創建せらる。
下野国史に宇都宮朝網の三男公頼始めて此の氏家に城を築きし時に、己が産土神たる宇都宮明神を合祀して、城中の守護神としたとあり、その後人皇第九十三代後伏見天皇の正安二年(1300)城主公宗の崇敬により社殿を改築し、塩谷郡の北は三依、塩原より南は高根沢に至る二十四郷に毎年交営繕せしめしを以て社殿荘厳に崇敬厚かりき、されば明治五年郷社列せられ同三十九年神饌弊帛料供進社として指定せられたり、大正十四年本殿屋根木羽葺を銅葺に改修す。昭和三年御大礼記念で拝殿を改築し、本殿及び社務所等位置を変更移転し、神門の屋根萱葺を銅葺に改修す。昭和二十八年新憲法下宗教法人施行に伴い「宗教法人、今宮神社」となる。昭和五十一年天皇陛下御在位五十年記念として社務所を改築す。昭和五十七年木製灯篭三十九灯建立す。昭和六十二年神社本庁より「神社振興対策指定神社」に指定される。平成三年御大礼記念で本殿改修、弊殿改築、回廊待合室新築、境内社覆屋移転新築、石玉垣建設、境内整備等平成御大典の大事業を成す。平成十二年遷宮七百年記念に神輿修復、鳥居改築(木製を御影石製)神札所新築、記念祭典行事を盛大に実施した。

御祭神 素 鳴尊・豊城入彦命・大国主命・事代主命

境内神社 天満宮  厳島神社  足尾神社  稲荷神社  雷神社  下の宮  手塚神社
薄井神社  青麻神社  男体山  秋葉山  琴平神社  方位除神

境内地 二千六百八十 坪

建造物 本殿  幣殿  拝殿  神門  鳥居  石灯籠  木灯篭  斎館  手水舎
狛犬  社務所  神札所  待合所  神輿庫  石倉  物置倉  

文化財 本殿 昭和六十年十一月二十八日 氏家町指定
神門 昭和六十年十一月二十八日 氏家町指定
公孫樹 昭和五十一年三月三日 氏家町指定
天保飢饉絵馬 昭和五十九年三月一日 氏家町指定
俳句額 平成八年一月十日 氏家町指定